車の保険について

車の保険には2つの種類があります

自動車損害賠償責任保険(通称:自賠責保険)

自賠責保険(自賠責共済含む)は法律で加入が義務付けられている強制保険です。自動車事故での被害者保護・救済が目的であるため、物損事故は対象外であり人への補償のみを対象とします。どの保険会社で加入をしても補償内容や保険料は一律で、事故の過失割合にかかわらず、怪我や死亡した人を対象とします。加入が法律により義務付けられている保険なので、加入していなかったり期限切れのままの車両を運行していると罰則が科せられます。

自動車任意保険(通称:任意保険)

任意保険は自賠責保険では足りない賠償金や、自賠責保険で補償できない対物事故、自身の車両や相手の車両などに対して幅広く補償をすることが可能です。加入はあくまでも任意ですので、未加入でも法的な罰則は無いですが、万が一の際に自賠責保険のみでは補償金が足りないことが多く、実際はほとんどの人が加入をしている状態です。
基本的な補償項目として、車両保険、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、人身傷害補償保険の7つがあり、補償限度額も数千万や無制限といったように選択することができます。
また、保険会社によって細かな内容も異なり、上記の補償以外でもレッカー移動やバッテリートラブル、鍵のトラブルなどに対応してくれるロードサービスなども自由に選ぶことができます。
保険会社によって補償内容や保険料も大きく異なりますので、選ぶ際にはいろいろな保険会社のサービスを比較しながら選ぶほうがよいでしょう。