ビュイックの買取車種一覧

buick_img01
ビュイックはアメリカの自動車メーカーで、ゼネラルモーターズが製造販売している乗用車ブランド名でもあります。ビュイックの前身は、1903年に設立された「ビュイック・モーター社」です。1904年以降ウィリアム・C・デュラントによって経営や管理を委ねられたビュイックは、販売網とサービスを強化したことによって全米でも有名な自動車メーカーに成長していきました。その後ゼネラルモーターズ傘下に入ったビュイックは、キャデラックに次ぐハイミドルレンジの車を供給する位置付けと定められていくのです。第二次世界大戦後の好景気を経て、ルセーバー、リビエラ、センチュリーなどの主要車種が、アメリカ内外で人気となっていきます。2004年にオールズモビルを吸収したビュイックはラインナップの整理を進め、大型のモデルに偏る結果となりました。しかし近年では中小型車を投入する方針へと移行し、中型セダンや小型セダンが多く発売されるようになっています。現在でも日本で並行輸入できるビュイックは、人気の高いブランドです。第二次世界大戦後は自由民主党の総裁専用車にビュイックが選ばれているということで、アメリカ車に詳しくないユーザでもわかる知名度の高さを誇っています。高値で買取される車種もたくさんありますので、是非専門店に査定依頼をしてみましょう。

人気高価買取車種

  • リーガル

  • リビエラ

  • ロードマスター

カーズネットが選ばれる5つの理由

  • 全国買取対応
  • 事故車OK
  • 手続き費用一切無料
  • 即日現金買取OK
  • 最低価格保障付き

ビュイックの車種を売却されたお客様の声

買取車種一覧

セダン
エレクトラ
パークアベニュー
リビエラ
ロードマスター
ミニバン
コンパクト・ハッチバック
ワゴン
センチュリー
リーガル
SUV
クーペ
スカイラーク
オープン
軽自動車
その他